ボトックスの小顔治療を受けよう【アドバイスはしっかり聞いておく】

注射なのでリスクが低い

看護師

顔を小さく見せられる

ボトックスはアメリカで作られた成分で、筋肉を緩める効果があるために、エラなどに注入することでシャープな顔立ちにできます。小顔にする目的でボトックス注射の施術を実施している美容整形は多く、患部に注射すれば縮小させることが可能です。顔が大きく見えるのはエラの部分の咬筋が原因になっているので、ボトックスを注射する部分は咬筋に影響を与える場所です。小顔に見えるようにするには顔の特徴の個人差に合わせて、ボトックスを注入することが大事です。最新機器を導入している美容整形ならば、顔の輪郭をデジタルデータで分析してから実際の治療が開始となるので、的確に小顔になれます。ボトックスは医薬品の成分を注射するだけなので、痛みもほとんど感じることも無く、治療に時間がかからない点がメリットです。昔のようなメスを使用して切開する整形とは違って、リスクが極端に少ないために軽い気持ちで受けやすい施術と言えます。1回注射するだけですぐに効果が現れるわけではなく、継続的に複数回にわたってクリニックに行って治療を受けます。ボトックスは筋力を弱めるために有効なので、美容整形では主にシワの改善のために使われます。目尻や眉間など細かい部分のシワで悩んでいる人には、ボトックス注射が良い治療法です。注射なので気になる部分にダイレクトに成分を注入できるので、希望している部位を治療できる整形施術です。エラや輪郭部分に注射するときには小顔にすることが目的です。小顔にするエラボトックスの施術を受けたい場合には、美容整形のホームページで施術が行われているか確認してから連絡することがおすすめです。個人によって輪郭の特徴やアゴやエラの形状は違うので、医者と話をして小顔になる場所にピンポイントにボトックス注射することが必要です。過去の症例実績などで希望を叶えることが可能なクリニックかどうか十分に検討してから決めましょう。クリニックによって施術の回数は異なりますが、3〜5回は注射します。小顔効果を得られる期間は平均的に半年から1年ほどで、持続期間も美容整形ごとに違いがあります。使用するボトックスの製造国も様々で、アメリカ製を採用しているクリニックのほうが信頼できます。

Copyright© 2019 ボトックスの小顔治療を受けよう【アドバイスはしっかり聞いておく】 All Rights Reserved.