ボトックスの小顔治療を受けよう【アドバイスはしっかり聞いておく】

引き締まった輪郭へ

注射器

人気の秘訣と治療のルール

皮膚をキュッと引き締めて肌の張りをアップし、そのうえ小顔効果も望めることからマイクロボトックス治療が大人気です。元々ボトックスを使った小顔施術には、こちらも大人気のエラ注射はありますが、マイクロボトックス治療は筋肉ではなく肌へ少量ずつ浅く打っていきます。さらに広範囲に渡って注入しますから、皮膚のゆるみや肌質もまんべんなく改善できる訳です。例えばエラから首に掛けて皮膚がたるんでいる場合でも、このボトックス治療を受ければ肌の引き上げ効果で締まったフェイスラインになります。また、頬がボリューミーな場合でも小顔から遠のいてしまいますが、この施術ならタイトニング作用で自然に引き締めることができるのです。そして、この製薬剤は皮膚内でコラーゲンの生成を促進することから、肌の弾力やツヤも出るとされています。毛穴の改善も期待できるなど、小顔作用と共に数々のメリットを期待できるため、この美容整形治療が注目を集めているのです。もちろん、通常のエラボトックス治療とも併用できますので、ダブル効果で小顔美人になりたい人にも人気があります。繰り返して治療を受けられるのもボトックスによる小顔治療の魅力ですが、その際は治療間隔を空けるといったルールもあります。どれぐらいの期間を空けるかは各美容整形外科の方針によって異なるものの、薬が効いている真っ最中には再注射しないのが原則です。ですので、一般的には最低でも4カ月は治療期間を空けることが望ましいとされています。また、治療部位や使用するボトックスの種類によりましては、3カ月間などが推奨される場合があるかもしれません。ただしリピート治療を受ける度に小顔の持続時間は伸びますから、実際の治療間隔はドクターに判断してもらいましょう。このため引越しなどにより、別の美容整形外科で繰り返し治療を続ける際は、前回いつボトックスの小顔治療を受けたのか、新しい医師に伝えておくのがマナーです。そして、これは小顔治療だけに限らず、シワ治療や脇汗対策でボトックスを注射する場合も、同様に間隔を空けるのがルールとなります。治療目的は違っても立て続けにボトックスを打てば、体がこの薬に対して免疫力を持ってしまうため、治療成果が落ちる場合があるのです。

Copyright© 2019 ボトックスの小顔治療を受けよう【アドバイスはしっかり聞いておく】 All Rights Reserved.